調査・研究

BACK

社会的ニーズへの対応と技術の普及、そしてさらなる技術向上を目指し様々な調査研究を進めています。会報に掲載された主な成果は次のとおりです。

樹脂類の効果状態と施工上の判断
(会報 FiRSt Vol.37/2018.1より)(197kb)
連続繊維補強工法の廃棄物とその処理
(会報 FiRSt Vol.36/2017.7より)(177kb)
厳しい施工環境下(低温、短時間施工等)での使用を目的とした 含浸接着樹脂の最近
の動の動向について
(会報 FiRSt Vol.35/2017.1より)(399kb)
連続繊維補修・補強工法における安全衛生について―樹脂類の取り扱い
(会報 FiRSt Vol.32/2015.7より)(216kb)
連続繊維補強用材料(その4. メタクリル樹脂と施工上の留意点)
(会報 FiRSt Vol.31/2015.1より)(244kb)
建築物の耐震改修の促進に関する法律(耐震改修促進法)の改正について
(会報 FiRSt Vol.30/2014.7より)(140kb)
下地調整の役割と施工上の留意点
(会報 FiRSt Vol.29/2014.1より)(239kb)
連続繊維補強工法におけるプライマーと施工上の留意点
(会報 FiRSt Vol.28/2013.8より)(224kb)
断面修復工法の紹介 その2
(会報 FiRSt Vol.27/2013.1より)(443kb)
断面修復工法の紹介 その1
(会報 FiRSt Vol.26/2012.8より)(152kb)
東日本大震災後の行政の動向
(会報 FiRSt Vol.25/2012.1より)(143kb)
東日本大震災で連続繊維シート補強工法は効果を発揮したか?
(会報 FiRSt Vol.24/2011.7より)(2.8mb)
連続繊維シート補強用材料(その3.エポキシ樹脂)
(会報 FiRSt Vol.21/2010.1より)(2.3mb)
連続繊維シート補強用材料(その2.アラミド繊維)
(会報 FiRSt Vol.20/2009.8より)(729kb)
連続繊維シート補強用材料(その1.炭素繊維)
(会報 FiRSt Vol.19/2009.1より)(1.0mb)
検査方法の留意点について
(会報 FiRSt Vol.16/2007.8より)(430kb)
シート貼付け工事の留意点(その2)
(会報 FiRSt Vol.15/2007.1より)(180kb)
「シート貼付け工事の留意点」について
(会報 FiRSt Vol.14/2006.8より)(565kb)
「プライマー塗布の留意点」について
(会報 FiRSt Vol.12/2005.8より)(541kb)
連続繊維シートの見分け方
(会報 FiRSt Vol.11/2005.1より)(688kb)
施工した連続繊維シートに「浮き」や「はがれ」を発生させないために
(会報 FiRSt Vol.10/2004 3.7より)(659kb)
連続繊維シート補強工法の施工管理上の工夫
(会報 FiRSt Vol.8/2003.8より)(340kb)
連続繊維シート補強の仕上げについて
(会報 FiRSt Vol.7/2003.1より)(1.5mb)
連続繊維補強工法の作業能率(人工)について
(会報 FiRSt Vol.5/2002.1より)(352kb)
連続繊維補強工法に用いられている材料の種類と価格
(会報 FiRSt Vol.4/2001.8より)(344kb)
繊維補修・補強材料の勘所と留意点
(会報 FiRSt Vol.3/2001.1より)(233kb)
adobe
PDFファイルを閲覧するためには、Adobe Readerが必要です。
ご使用のシステムにインストールされていない場合は、ADOBEのサイトよりダウンロードしてください。